宿泊が付いたスキーツアーの内容

冬場に募集されているスキーツアーには、大きく分ければ現地での宿泊をともなうものと、日帰りのものとがあります。

日帰りは日中に移動できる範囲が限られていることもあって、
パッケージツアーの傾向性からいえば、
やはり宿泊があるほうが一般的といえます。

この場合は日中に高速バスや新幹線を含めた特急電車、飛行機などで現地まで移動して、ここでホテルに荷物を預け、初日にもいくらかスキーを楽しむ時間が確保できるのが普通です。

ホテルはゲレンデの近くにつくられていることが多く、多少離れていたとしても送迎バスはかならず用意されているはずですので、現地における移動には特に支障はありません。

場合によってはナイター設備を完備したゲレンデもありますので、こうしたところを目的地として選択すれば、よりスキーが楽しめる時間が増えることになります。

またホテル内にも天然の温泉があったりミニシアターなどの娯楽施設が併設されていたりもするため、滞在中はほかにも有意義な体験ができます。

あとは宿泊の日数分だけスキーを楽しむことになりますが、一部のプランでは現地のレンタルショップでスキー用具が借りられるようにもなっていますので、ほとんど荷物らしい荷物を持たずにツアーに参加することさえ可能です。

滞在期間がある程度長いプランの場合、現地の外湯めぐりやグルメスポット巡りなどのチケットが付属していることもありますので、さらに快適に過ごすことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *